【Excel】数を数える関数(COUNT関数、COUNTA関数、LEN関数)

PC

今回は、Excelにおいて、数を数える関数である、COUNT関数、COUNTA関数、LEN関数をご紹介します。

条件付きで数を数える関数であるCOUNTIF関数、COUNTIFS関数は、別の記事でご紹介します。

Excel初心者の方で、「関数がいまいち良くわからないよ」という方は、あらかじめ下の記事を読んでいただくことをお勧めします。

COUNT関数

COUNT関数は、指定した範囲内における、数値が入力されているセルの個数を求める関数です。

COUNT関数の書式

COUNT(値1, [値2], …)

値1必須数値の個数を調べるセルまたは範囲を指定します。
値2
省略可能数値の個数を調べる2つ目(nつ目)のセルまたは範囲を指定します。
表1:COUNT関数の引数

COUNT関数の使用例

表2の例の場合、COUNT(A1:C4)は、「A1からC4の範囲における数値のセルの個数」を求めるので、結果は「5」となります。(黄色のセルがカウントされるセル)

ABC
1banana12
23R3.3.3
3カタカナ5A7本
4ひらがな2021/3/3漢字
表2:COUNT関数の使用例
tayuyu
tayuyu

「R3.3.3」や「2021/3/3」は、表示形式を変えると実は「44258」という数値でもあります。

日付や数値を表す文字列もカウントの対象になります。

COUNTA関数

COUNTA関数は、指定した範囲内における、空白以外のセルの個数を求める関数です。

COUNTA関数の書式

COUNTA(値1, [値2], …)

値1必須個数を調べるセルまたは範囲を指定します。
値2省略可能個数を調べる2つ目(nつ目)のセルまたは範囲を指定します。
表3:COUNTA関数の引数

COUNTA関数の使用例

表4の例の場合、COUNTA(A1:C4)は、「A1からC4の範囲における空白以外のセルの個数」を求めるので、結果は「11」となります。(黄色のセルがカウントされるセル)

ABC
1banana12
23R3.3.3
3カタカナ5A7本
4ひらがな2021/3/3漢字
表4:COUNTA関数の使用例

LEN関数

LEN関数は、セル内の文字数を数える関数です。

LEN関数の書式

LEN(文字列)

文字列必須文字数を調べるセル(文字列)を指定します。
表5:LEN関数の引数

LEN関数の使用例

表6の例の場合、LEN(A1)は、「A1セルの文字数」を求めるので、結果は「21」となります。

A
1I’m playing baseball.
表6:LEN関数の使用例

アポストロフィー(‘)、ピリオド(.)、スペースなどもカウントの対象になります。

まとめ(COUNT関数、COUNTA関数、LEN関数の違い)

COUNT関数、COUNTA関数、LEN関数の違いをまとめると、表7のようになります。

COUNT関数数値が入力されているセルの個数を求める
COUNTA関数空白以外のセルの個数を求める
LEN関数セル内の文字数を求める
表7:COUNT関数、COUNTA関数、LEN関数の違い

コメント

タイトルとURLをコピーしました