【Excel】条件付きで数を数える関数(COUNTIF関数とCOUNTIFS関数)

PC

今回は、Excelにおいて、条件付きで数を数える関数であるCOUNTIF関数、COUNTIFS関数をご紹介します。数を数える関数である、COUNT関数、COUNTA関数、LEN関数は、別の記事でご紹介しています。

なお、Excel初心者の方で、「関数がいまいち良くわからないよ」という方は、あらかじめ下の記事を読んでいただくことをお勧めします。

COUNTIF関数

COUNTIF関数は、指定した範囲内において、検索条件と一致するセルの個数を求める関数です。

COUNTIF関数の書式

COUNTIF(範囲, 検索条件)

範囲必須個数を調べる範囲を指定します。
検索条件必須検索する条件を指定します。
表1:COUNTIF関数の引数

COUNTIF関数の使用例

表2のような例でCOUNTIF関数を使用してみます。

ABC
1banana10020
2BANANA80peach
350orangepineapple
4ひらがな55orange
表2:COUNTIF関数の使用例

COUNTIF(A1:C4,”banana”)は、「A1からC4の範囲におけるbananaと入力されているセルの個数」を求めるので、結果は「2」となります。

  • 大文字、小文字は区別されないことに注意しましょう。
  • 条件が、文字列、論理記号、数学記号を含む場合は、ダブルクォーテーション(“)で囲まなければなりません。

検索条件に指定する内容例

“banana”「banana」と入力されているセルの個数
B3B3に入力されている値、すなわち、「orange」と入力されているセルの個数
“<=50”50以下の数値が入力されているセルの個数
“<“&B2B2に入力されている値、すなわち、80より小さい値が入力されているセルの個数
“p*”pから始まる文字列が入力されているセルの個数
“?????e”eで終わる6文字が入力されているセルの個数
表3:検索条件に指定する内容例

「*」や「?」はワイルドカード文字と呼ばれるものです。ワイルドカード文字については下記をご覧ください。

COUNTIFS関数

COUNTIFS関数は、指定した範囲内における、数値が入力されているセルの個数を求める関数です。COUNTIF関数との違いは、COUNTIF関数は1つの条件のみ設定できるのに対し、COUNTIFS関数は、1つ以上(通常、複数)の条件を設定できます。

COUNTIFS関数の書式

COUNTIFS(検索条件範囲1, 検索条件1, [検索条件範囲2], [検索条件2], …)

検索条件範囲1必須個数を調べる範囲を指定します。
検索条件1必須検索する条件を指定します。
検索条件範囲2
任意個数を調べるの範囲(2つ目(nつ目))を指定します。
検索条件2
任意検索条件範囲2(n)における、検索する条件を指定します。
表4:COUNTIFS関数の引数

COUNTIFS関数の使用例

表5のような例でCOUNTIFS関数を使用してみます。

ABC
1banana10020
2banana80peach
350orangepineapple
4ひらがな55orange
表5:COUNTIFS関数の使用例

COUNTIFS(A1:C4,”>30″,A1:C4,”<=80″)は、「A1からC4の範囲における30より大きい値が入力されているセルの個数、かつ、A1からC4の範囲における80以下の値が入力されているセルの個数」を求めるので、結果は「3」となります。

検索条件は、「かつ(AND)」になることに注意しましょう。

補足

検索条件を「または(OR)」にしたい、例えば、「banana」または「orange」が入力されているセルの個数を求めたいときは、COUNTIF関数またはCOUNTIFS関数を使用して、次のように求める方法が考えられます。

COUNTIF(A1:C4,”banana”)+COUNTIF(A1:C4,”orange”)

まとめ(COUNTIF関数とCOUNTIFS関数の違い)

COUNTIF関数とCOUNTIFS関数の違いをまとめると、表6のようになります。

COUNTIF関数条件が1つの場合に使用
COUNTIFS関数条件が1つ以上(通常、複数)の場合に使用
表6:COUNTIF関数とCOUNTIFS関数の違い

なお、同じような関数であるSUMIF関数、SUMIFS関数の記事も書いてますので、よろしければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました