最も近い偶数に切り上げるEVEN関数、奇数に切り上げるODD関数【Excel】

PC

今回は、数値を最も近い偶数に切り上げる関数であるEVEN関数と最も近い奇数に切り上げる関数であるODD関数についてです。

EVEN関数

EVEN関数は、数値を最も近い偶数に切り上げる関数です。

EVEN関数の書式

EVEN(数値)

数値必須対象となる数値を指定します。
表1:EVEN関数の引数
  • 数値が偶数の場合は、切り上げされません。
  • 数値がマイナスの場合は、負の無限大方向への切り上げとなります。例えば、「-3」は偶数「-4」に切り上げとなります。

EVEN関数の使用例

表2のような例でEVEN関数を使用してみます。

A
117
251.51
3-5
表2:EVEN関数の使用例

例1

下記の数式の結果は、「18」になります。

=EVEN(A1)

例2

下記の数式の結果は、「52」になります。

=EVEN(A2)

例3

下記の数式の結果は、「-6」になります。

=EVEN(A3)

ODD関数

ODD関数は、数値を最も近い奇数に切り上げる関数です。

ODD関数の書式

ODD(数値)

数値必須対象となる数値を指定します。
表3:ODD関数の引数
  • 数値が奇数の場合は、切り上げされません。
  • 数値がマイナスの場合は、負の無限大方向への切り上げとなります。例えば、「-2」は奇数「-3」に切り上げとなります。

ODD関数の使用例

表4のような例でODD関数を使用してみます。

A
110
251.51
3-4
表4:ODD関数の使用例

例1

下記の数式の結果は、「11」になります。

=ODD(A1)

例2

下記の数式の結果は、「53」になります。

=ODD(A2)

例3

下記の数式の結果は、「-5」になります。

=ODD(A3)

コメント

タイトルとURLをコピーしました