【Excel】表示形式の設定とユーザー定義(数値編)

PC

今回は、Excelにおける、数値に関する表示形式(セルの書式設定)の設定方法をご紹介します。表示形式のユーザー定義についても説明します。

表示形式の設定とユーザー定義(日付・時刻編)はこちら。

「セルの書式設定」ダイアログの開き方

「セルの書式設定」ダイアログの開き方はいくつかありますが、ここでは2つの方法をご紹介します。

方法1:右クリックから開く

  1. 書式設定したいセル(または範囲)を選択し、右クリック。
  2. 「セルの書式設定」をクリック。(図1赤枠)
  3. 「セルの書式設定」ダイアログが開きます。
図1

方法2:ショートカットキー

Crtl+1キーで簡単に開くことができます。

図2:「セルの書式設定」ショートカットキー(CtrlキーはどこのキーでもOKです。)

表示形式の設定

セルの書式設定ダイアログには、表示形式・配置・フォント・罫線・塗りつぶし・保護というタブがあります。今回は、表示形式タブを選択します。

図3:表示形式(分類「数値」)

今回は、分類「数値」を例にしてみましょう。分類の枠の中から「数値」をクリックします。(図3赤枠)

表示形式の構成(数値)は、分類、サンプル、小数点以下の桁数、桁区切りの有無、負の数の表示形式というようになっています。それぞれの項目で好きな形式を選ぶことができます。

数字に関する分類は「数値」以外にも、通貨記号である「\」や「$」などを付加できる「通貨」、小数点の位置や通貨記号の位置を揃える「会計」、百分率(%)で表す「パーセンテージ」、分数で表す「分数」、指数で表す「指数」があります。

tayuyu
tayuyu

この欄に選びたい表示形式がない場合は、ユーザー定義という欄で好きな表示形式を設定できるよ。ユーザー定義については後述します。

分類「標準」と「通貨」と「会計」の違い

分類「通貨」と「会計」の違いは、「通貨」は通貨記号の位置を揃えないのに対し、「会計」は通貨記号の位置を揃えます。「標準」と「通貨」と「分類」の違いは、桁区切りやスペースの違いになります。

図4:分類「通貨」と「会計」の違い

表示形式のユーザー定義

表示形式の分類の欄に「ユーザー定義」という項目があります。この項目では、表示形式コードを用いてユーザー定義の表示形式を作成することができます。図5の赤枠の部分を変更することで、好きな表示形式を作成します。

図5

ユーザー定義の書式

表示形式の書式は、下記のように定義されています。

<正の値>;<負の値>;<ゼロの値>;<テキスト>

表示形式の書式は、4つのセクション(「;」で区切ります。)で構成されています。正の値にはセルに入力された内容が正の値のときの表示形式コード、負の値にはセルに入力された内容が負の値のときのコード、ゼロの値には、セルに入力された内容がゼロのときのコード、テキストには、セルに入力された内容が文字列のときのコードを入力します。

また、コードのセクションは、下記のように省略することができます。

コードのセクションを2つだけ指定した場合

コードのセクションを2つだけ指定した場合は、1つ目ののセクションが正の値とゼロの値のときに適用され、2つ目のセクションが負の値のときに適用されます。

<正の値・ゼロの値>;<負の値>

コードのセクションを1つだけ指定した場合

コードのセクションを1つだけ指定した場合は、全てについて適用されます。

<正の値・負の値・ゼロの値・テキスト>

ユーザー定義のコード一覧(数値)

数値に関する主な表示形式コードは表1のようになります。表1における「意味のない0」とは、「001234」や「4.32100」が「1234」や「4.321」のように、通常省略しても問題ない0のことを表します。0を敢えて表示したい場合はコード「0」を使用し、表示したくない場合はコード「#」を使用します。

コード意味
0数値の1桁を表します。意味のない0を表示します。
#数値の1桁を表します。意味のない0は表示されません。
?0と同様の意味になりますが、小数点の位置を揃えます。
.小数点を表します。
,桁区切り記号を表します。
%百分率(%)で表示します。
E+
E-
e+
e-
指数表記で表示します。
表1:数値に関する主な表示形式コード
入力されている値表示形式コード表示される内容備考
1234000000001234意味のない0も表示します。
1234#,##01,234
0#,###0は表示されません。
0#,##00
0.210120.###0.21
0.21012#.##0.2101の位の0は表示されません。
123.456
12.34
1.2
?.???123.456
12.34
1.2
小数点を揃えます。
0.1230.0%12.3%
1230.00E+01.23E+2
表2:使用例

正の値について、「0」,「#」,「?」より多くの桁がある場合は、超過する桁も表示されます。負の値について、「0」,「#」,「?」より多くの桁がある場合は、プレースホルダーの桁に丸められます。

入力されている値表示形式コード表示される内容
123.456#.#123.5
123.456#.##123.46
表3

使用例

<正の値>;<負の値>;<ゼロの値>;<テキスト>

最後に例を1つ挙げておきます。

正の値のときは黒字で桁区切りあり、負の値のときは「-」を付け、桁区切りあり、赤字で表示、ゼロの値のときは文字列で「ゼロ」、文字列のときはそのまま入力された内容を表示することにしてみます。

正の値のときは、黒字で桁区切りあり:「#,##0

負の値のときは、「-」を付け、桁区切りあり、赤字で表示:「[赤]-#,##0

ゼロの値のときは、文字列で「ゼロ」:「“ゼロ”

文字列のときは、そのまま入力された内容を表示:「@

  • セクションの頭に[赤]のように色を指定することで色を付けることができます。
  • 「@」は、セルに入力された文字列そのものを表します。セルに文字列「tayuyu」と入力すれば、そのまま「tayuyu」と表示されます。

以上をまとめると次のようになります。

#,##0;[赤]-#,##0;”ゼロ”;@

図6:使用例のコード

コメント

タイトルとURLをコピーしました