N行毎やN列毎に強調表示(背景色による縞模様などの書式設定)をして見やすくする方法【Excel】

PC

今回は、特定の行や列を強調表示(背景色を付けて縞模様など)して見やすくする方法をご紹介します。

はじめに

図1は、1行毎(偶数行毎)に強調表示(黄色の背景色を設定した場合)した例です。

図1:強調表示の例(偶数行に黄色の背景色を使用)
tayuyu
tayuyu

今回は、図1のような縞模様を付けてExcelを見やすくしてみよう。

図1のような、強調表示をしたい場合、2つの方法が考えられます。

  1. 条件付き書式(数式)を使用する
  2. テーブルを使用する

条件付き書式を使用すれば、N行(列)毎に強調表示が可能です。ただし、図1のような1行毎の縞模様の強調表示で良い場合は、テーブルを使用する方法がおすすめです。テーブルを使用することで、数式を使用せずに済みます。

1.条件付き書式を使用する場合

条件付き書式を使用して、偶数行毎、奇数行毎、N行毎に強調表示することができます。

  1. 強調表示したい範囲(図1のような表の場合、A1からC6)を選択します。
  2. リボンの「ホーム」タブの「スタイル」グループに「条件付き書式」というコマンドがあるのでクリックします。(図2)
図2:条件付き書式の場所
  1. 「新しいルール」をクリックします。(図2)
  2. 画面が出てくるので、「数式を使用して、書式設定するセルを決定」(図3緑枠)を選択します。
図3:書式ルールの編集

図3青枠の書式ボタンで好みの強調表示を選んでください。今回、条件付き書式で設定する書式は、図3のプレビューような黄色背景色とします。

tayuyu
tayuyu

ここで好きな書式が設定できるから、N行毎にフォントサイズ、色、背景色などいろいろな強調表示ができるようになるよ。

以下、行番号を求める関数であるROW関数を使用します。

ROW関数の書式

ROW([参照])

参照省略可能行番号を調べたいセルを指定します。
範囲を省略した場合は、ROW関数が入力されているセルの行番号が戻り値となります。
範囲にセル範囲を指定することも可能です。
表1:ROW関数の引数

ROW関数の詳細は、下記をご覧ください。

偶数行を強調表示

偶数行を強調表示する場合は、「次の式を満たす場合に値を書式設定」の欄(図4赤枠)に下記のように入力します。

=ISEVEN(ROW())

図4:偶数行の強調表示

ISEVEN関数は、偶数かどうかを判定するための関数で、偶数であれば「TRUE」が返ります。そのため、ROW関数で取得した行番号が偶数であれば「TRUE」となり、条件付き書式が適用となります。

ISEVEN関数の書式

ISEVEN(数値)

数値必須判定したい値を指定します。数値が偶数のとき「TRUE」、奇数のとき「FALSE」となります。
表2:ISEVEN関数の引数

ISEVEN関数、ISODD関数の詳細は、下記をご覧ください。

奇数行を強調表示

奇数行を強調表示する場合は、「次の式を満たす場合に値を書式設定」の欄(図5赤枠)に下記のように入力します。

=ISODD(ROW())

図5:奇数行の強調表示

ISODD関数は、奇数かどうかを判定するための関数で、奇数であれば「TRUE」が返ります。そのため、ROW関数で取得した行番号が奇数であれば「TRUE」となり、条件付き書式が適用となります。

ISODD関数の書式

ISODD(数値)

数値必須判定したい値を指定します。数値が奇数のとき「TRUE」、奇数のとき「FALSE」となります。
表3:ISODD関数の引数

N行毎に強調表示

N行毎に強調表示する場合は、「次の式を満たす場合に値を書式設定」の欄(図6赤枠)に下記のように入力します。

今回は、N=3として考えます。Nを変更したい場合は、下記の数式の「3」の部分を変更してください。

=MOD(ROW(),3)=0

図6:N行毎の強調表示

MOD関数は、割り算(除算)の余り(剰余)を求める関数です。ROW関数で取得した行番号を3で割ったときの余りが0のときに強調表示するようにしています。

なお、「=MOD(ROW(),3)=1」のように余りの数字(図6の「0」の部分)を変更することで、式の結果が最終的に「TRUE」となるセルも変わるので、強調表示の位置(強調表示の開始行)をずらすことができます。

MOD関数の書式

MOD(数値, 除数)

数値必須割られる数(被除数)を指定します。
除数必須割る数(除数)を指定します。
表4:MOD関数の引数

列の強調表示について

列を強調したい場合は、ROW関数の部分をCOLUMN関数に変更します。COLUMN関数は、列番号を取得する関数です。

例えば、偶数列を取得したい場合は、次のようになります。

=ISEVEN(COLUMN())

COLUMN関数の書式

COLUMN([参照])

参照省略可能列番号を調べたいセルを指定します。
範囲を省略した場合は、COLUMN関数が入力されているセルの列番号が戻り値となります。
範囲にセル範囲を指定することも可能です。
表5:COLUMN関数の引数

2.テーブルを使用する場合

1行毎の強調表示であれば、テーブルを使用することが可能です。数式を使用しないため、数式が苦手な方でも簡単に作成することができます。

テーブルについての詳細が必要な方は、下記をご覧ください。

以下では、テーブルの作り方のみ記載しておきます。

  1. テーブルに変換したい範囲を選択します。
  2. 「ホーム」タブの「スタイル」グループの「テーブルとして書式設定」をクリックします。(図7)
図7:テーブルとして書式設定
  1. 好みのデザインを選択します。(一部、縞模様でないデザインもあります。)
  2. 図8のような画面が出てくるのでOKを押します。なお、先頭行をテーブルの見出しとして使用したい場合は、「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」(図8赤枠)にチェックを入れてください。
図8:範囲と見出しの設定
  1. 範囲がテーブルに変換されます。

テーブルスタイルオプション

テーブルのいずれかのセル(範囲)を選択した状態のとき、リボンに「テーブルツール」「デザイン」というタブが表示されます。この「テーブルスタイルのオプション」というグループでテーブルのスタイルを編集できます。

図9:テーブル スタイルのオプション
tayuyu
tayuyu

図9の「縞模様(行)」(赤枠)をチェックすると行が縞模様、「縞模様(列)」(青枠)をチェックすると列が縞模様になるよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました