【Excel】行番号と列番号を求める関数(ROW関数とCOLUMN関数)

PC

今回は、行番号を求める関数であるROW関数と列番号を求める関数であるCOLUMN関数についてです。

ROW関数

ROW関数は、行番号を求める関数です。

ROW関数の書式

ROW([参照])

参照省略可能行番号を調べたいセルを指定します。
引数「参照」を省略した場合は、ROW関数が入力されているセルの行番号が戻り値となります。
引数「参照」にセル範囲を指定することも可能です。範囲に対する行番号の配列が戻り値となります。
表1:ROW関数の引数

ROW関数の使用例

例1

A1セルに下記の数式を入力した場合、A1セルの行番号である「1」が返ります。

=ROW()

例2

下記の数式を入力した場合、B2セルの行番号である「2」が返ります。

=ROW(B2)

例3

下記の数式を入力した場合、A1セルからC3セルの行番号である配列「{1;2;3}」が返ります。

=ROW(A1:C3)

COLUMN関数

COLUMN関数は、列番号を求める関数です。

COLUMN関数の書式

COLUMN([参照])

参照省略可能列番号を調べたいセルを指定します。
引数「参照」を省略した場合は、COLUMN関数が入力されているセルの列番号が戻り値となります。
引数「参照」にセル範囲を指定することも可能です。範囲に対する列番号の配列が戻り値となります。
表2:COLUMN関数の引数

COLUMN関数の使用例

例1

A1セルに下記の数式を入力した場合、A1セルの列番号である「1」が返ります。

=COLUMN()

例2

下記の数式を入力した場合、B2セルの列番号である「2」が返ります。

=COLUMN(B2)

例3

下記の数式を入力した場合、A1セルからC3セルの列番号である配列「{1,2,3}」が返ります。

=COLUMN(A1:C3)

コメント

タイトルとURLをコピーしました