【Excel】条件付きで合計を求める関数(SUMIF関数、SUMIFS関数)

PC

今回は、Excelにおいて、条件付きで合計を求める関数であるSUMIF関数、SUMIFS関数をご紹介します。

Excel初心者の方で、「関数がいまいち良くわからないよ」という方は、あらかじめ下の記事を読んでいただくことをお勧めします。

SUMIF関数

SUMIF関数は、指定した範囲内において、検索条件と一致するセルの合計を求める関数です。

SUMIF関数の書式

SUMIF(範囲, 検索条件, [合計範囲])

範囲必須検索条件の範囲を指定します。(合計範囲を省略した場合は、合計する範囲にもなります。)
検索条件必須検索する条件を指定します。
合計範囲任意合計をする範囲を指定します。合計範囲を省略すると、範囲の引数で指定された範囲について、検索条件と一致するセルの合計が求められます。
表1:SUMIF関数の引数

SUMIF関数の使用例

表2のような例でSUMIF関数を使用してみます。

ABC
1商品名販売価格仕入れ値
2いちご600400
3マスカット1000600
4すいか25001500
表2:SUMIF関数の使用例

SUMIF(B2:B4,”>=1000″,C2:C4)は、「販売価格が1000円以上である商品の仕入れ値の合計」を求めるので、結果は「2100」となります。

SUMIF(B2:B4,”>=1000″)は、「販売価格が1000円以上である商品の販売価格の合計」を求めるので、結果は「3500」となります。

検索条件に指定する内容例

“いちご”「いちご」と入力されているセル
A3A3に入力されている値、すなわち、「マスカット」と入力されているセル
“<=50”50以下の数値が入力されているセル
“<“&B2B2に入力されている値、すなわち、600より小さい値が入力されているセル
“い*”「い」から始まる文字列が入力されているセル
表3:検索条件に指定する内容例

「*」はワイルドカード文字と呼ばれるものです。ワイルドカード文字については下記をご覧ください。

SUMIFS関数

SUMIFS関数は、指定した範囲内において、検索条件と一致するセルの合計を求める関数です。SUMIF関数との違いは、SUMIF関数は1つの条件のみ設定できるのに対し、SUMIFS関数は、1つ以上(通常、複数)の条件を設定できます。

SUMIFS関数の書式

SUMIFS(合計対象範囲, 条件範囲1, 条件1, [条件範囲2], [条件2], …)

合計対象範囲必須合計する範囲を指定します。
条件範囲1必須条件1に対する範囲を指定します。
条件1必須条件範囲1において、検索する条件を指定します。
条件範囲2
任意条件2(n)に対する範囲を指定します。
条件2
任意条件範囲2(n)において、検索する条件を指定します。
表4:SUMIFS関数の引数

SUMIFS関数の使用例

表5のような例でSUMIFS関数を使用してみます。

ABC
1商品名販売価格仕入れ値
2いちご600400
3いちご1000500
4いちご25001500
5ぶどう1000600
表5:SUMIFS関数の使用例

SUMIFS(B2:B5,A2:A5,“いちご”,C2:C5,”>=500″)は、「商品名がいちご、かつ、仕入れ値が500円以上の商品の販売価格の合計」を求めるので、結果は「3500」となります。

SUMIFS(B2:B5,B2:B5,“>=1000”,C2:C5,”>500″)は、「販売価格が1000円以上、かつ、仕入れ値が500円より高い商品の販売価格の合計」を求めるので、結果は「3500」となります。

検索条件は、「かつ(AND)」になることに注意しましょう。

まとめ(SUMIF関数とSUMIFS関数の違い)

SUMIF関数とSUMIFS関数の違いをまとめると、表6のようになります。

SUMIF関数条件が1つの場合に使用
SUMIFS関数条件が1つ以上(通常、複数)の場合に使用
表6:SUMIF関数とSUMIFS関数の違い

なお、同じような関数であるCOUNTIF関数、COUNTIFS関数の記事も書いてますので、よろしければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました