【Windows10】読み方のわからない漢字を入力する方法(IMEパッド)

PC

紙に書いてある文字をパソコンに入力していて、「この漢字の読み方がわからない。どうやって入力しようかな?」と思ったとします。このようなときに、IMEパッドというアプリケーションを使うと読み方がわからない漢字を簡単に入力することができます。

今回はIMEパッドについてご紹介します。

IMEパッドとは?

IMEパッドは、Micorosoft IMEに付属する手書き等の方法によって文字を入力するためのアプリケーションです。

図1:IMEパッド

IME(アイ・エム・イー)とは、Input Method Editorの略で、キーボードからの入力をひらがな、カタカナ、漢字などの文字として画面上に表示するためのソフトウェアです。

Windows10では通常、Microsoft IME(MS-IME)がデフォルトとなります。MS-IME以外に有名なIMEとして、ATOK(ジャストシステム)やGoogle日本語入力(Google)などがあります。

IMEパッドの起動方法

  1. タスクバーの「あ」または「A」を右クリックします。(図2)
  2. 「IMEパッド」をクリックします。(図3)
図2
図3

IMEパッドの使い方

今回は、例として、「鯲」という漢字の読み方がわからないという前提で話を進めていきます。

tayuyu
tayuyu

tayuyuは難しい漢字が全く読めません

「鯲」は「どじょう」と読みます。

  1. IMEパッドを起動します。
  2. 図4の赤枠の中に、マウスで文字「鯲」を書きます。
  3. 図4の青枠の中に、候補の文字が表示されます。
  4. 「鯲」の文字が青枠の中に表示されたら、「鯲」の文字をクリックします。(図5)
図4
図5

※文字の上にマウスカーソルを合わせると文字の読み方が表示されます。(図5)

その他

図6の赤枠部分をクリックすると詳細表示と拡大表示を切り替えることができます。

図6:詳細表示と拡大表示(図6は詳細表示)

IMEパッドは、手書き以外にも、文字一覧(文字コード)、画数、部首などから文字を検索する機能があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました