【JCB GOLD THE PREMIER】私が使用しているクレジットカードの紹介と使用している理由

生活

今回は、私が主に使用しているクレジットカードの1つである「JCB GOLD THE PREMIER(ゴールド ザ・プレミア)」 についてです。なぜ私がJCB GOLD THE PREMIERを使用しているのかを中心に書いていきたいと思います。

JCB GOLD THE PREMIER(ゴールド ザ・プレミア)

JCB GOLD THE PREMIERは、JCBが発行するクレジットカードです。クレジットカードは、クレジットカード会社が独自に発行するプロパーカードと、クレジットカード会社と企業が提携して発行する提携カードがあります。JCB GOLD THE PREMIERは、株式会社ジェーシービーが発行するプロパーカードになります。

図1:JCB GOLD THE PREMIER

一般的に、プロパーカードは、国際ブランド(JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ)が発行するクレジットカードを指す場合が多いです。ただし、場合によっては、クレジットカード会社が発行するクレジットカードという意味で使用される場合があります。

JCB GOLD THE PREMIERを使用する理由

私がよく利用するクレジットカードは3つ(JCB、Visa、MasterCard)あり、このJCB GOLD THE PREMIERはその3つの中の1つ(JCB)になります。このクレジットカードを持つ主な理由は、下記のとおりです。

  • カードのステータス性
  • 旅行傷害保険
  • 航空機遅延保険
  • ショッピングガード保険
  • さまざまなラウンジが無料で利用できる
tayuyu
tayuyu

良く利用する3つカードの国際ブランドは、JCB、Visa、MasterCardの1つずつで、いろいろな場面で使えるようにしています。

カードのステータス性

私は、ステータス性が多少なりともあるであろうクレジットカードを1枚だけ持っておこうという考えです。理由としては、使用する機会はほとんどないですが、普段よりちょっと良いところで外食したりする場合にこのようなカードを持っていた方がいいのかなと思っているからです。

ステータス性が高いほどクレジットカードの年会費も高くなりますので、ステータス性と年会費のバランスを考慮した結果、JCB GOLD THE PREMIERを使用しています。もちろん、JCB GOLD THE PREMIERをステータス性だけで選んでいる訳ではなく、後述するその他のメリットも含めて使用しています。

tayuyu
tayuyu

そもそも年会費の高いカードは所有できないんだけど…笑。あと、JCB GOLD THE PREMIERのステータス性の有無や程度については、tayuyu自身の考えになりますので、ご了承ください。

一般的に、プロパーカードはステータス性が高く、提携カードはステータス性が低いとされています。ただし、カードの種類によって異なる場合があります。

旅行傷害保険

JCB GOLD THE PREMIERには、旅行傷害保険が自動付帯しています。表1が海外、表2が国内の保険金額です。以下、保険金が支払われるためには、細かい条件があるので、詳細が必要な方は問い合わせ等でしっかりと確認しておきましょう。ご覧のようにJCB GOLD THE PREMIERは、保険金額が充実しています。

自動付帯と利用付帯

自動付帯は、クレジットカードを所有していれば、保険が自動で適用されます。一方、利用付帯は、旅行代金等をクレジットカードで支払っている場合に保険が適用されます。言い換えると、旅行代金等をクレジットカードで支払っていない場合は保険が適用されないため、注意が必要です。

tayuyu
tayuyu

GOLD THE PREMIERは、自動付帯だからいいね!

海外旅行傷害保険

保険金額(限度額)
会員(本会員・家族会員)
保険金額(限度額)
家族
死亡
後遺障害
1億円1,000万円
傷害治療費用事故1回につき、300万円事故1回につき、200万円
疾病治療費用疾病1回につき、300万円疾病1回につき、200万円
賠償責任事故1回につき、1億円事故1回につき、2,000万円
携行品損害1旅行中、50万円1旅行中、50万円
救援者費用等400万円200万円
表1:海外傷害保険

国内旅行傷害保険

保険金額(限度額)
死亡
後遺障害
5,000万円
入院費用日額5,000円
手術費用1事故につき、入院日額×倍率
通院費用日額2,000円
表2:国内傷害保険

航空機遅延保険

JCB GOLD THE PREMIERは、航空機遅延保険が自動付帯しています。航空機の出航遅延が起きた場合に、遅延により生じた飲食費、宿泊費等が補償されます。

保険金額(限度額)
乗継遅延費用(客室料・食事代)2万円
出航遅延費用等(食事代)2万円
寄託手荷物遅延費用(衣類購入費等)2万円
寄託手荷物紛失費用(衣類購入費等)4万円
表3:航空機遅延保険

ショッピングガード保険

JCB GOLD THE PREMIERには、ショッピングガード保険も付いています。JCBカードで購入した品物が90日以内に破損、盗難等の被害にあった場合に使用できます。

保険金額(限度額)
海外500万円
国内500万円
自己負担額1回の事故につき3,000円
表4:ショッピングガード保険
tayuyu
tayuyu

万が一何かあっても500万円まで補償してもらえるから安心だね。

空港ラウンジ

JCB GOLD THE PREMIERを所有していると、国内の主要空港、およびハワイホノルルの国際空港内ラウンジの利用料金が無料(本会員・家族会員)になります。

飛行機に乗る前に無料でドリンクやお菓子などを楽しめるので、早く空港に到着しすぎても飛行機の時間が近づくまでゆっくりと過ごすことができます。ラウンジによっては、ビールなどのアルコール類も飲めたりするのでおすすめです。

tayuyu
tayuyu

生ビールとおつまみ最高~!!家族会員も入れるのがいいね。

プライオリティパス

世界の国や地域にある空港ラウンジ(約1,200カ所)が無料で利用できます。ただし、申し込みが必要です。本会員のみが無料で利用でき、家族会員は利用できません。同伴者は、2,200円(税込)で利用できます。

図2:プライオリティパス

JCB Lounge 京都

JCB Lounge 京都は、京都駅にあるラウンジで、本会員・家族会員がラウンジを無料で利用することができます。会員1名につき、同伴者が1名無料となります。

その他のメリット

JCB GOLD THE PREMIERのメリットは、その他もいろいろありますが、先述した以外で、私が良いと思っているのは次の3つです。

  • JCBオリジナルカレンダー
  • 郵送による明細発行手数料が無料
  • ETCカードやQUICPayも無料

JCBオリジナルカレンダーは、1年に1回無料で貰うことができます。ただし、申し込みが必要です。

図3:JCBオリジナルカレンダー(2021)

郵送による明細書発行手数料が無料です。紙媒体で明細を確認したい方にとっては、ありがたいです。

ETCカードの年会費、QUICPayが無料です。

JCB GOLD THE PREMIERを取得するには

JCB GOLD THE PREMIERを取得するには条件があり、JCB GOLDを取得(利用)して、JCBからインビテーション(招待)を貰う必要があります。インビテーションの条件は、JCBの公式ページに記載されており、下記のような条件です。

1.JCB ORIGINAL SERIES対象のJCBゴールドのショッピングご利用合計金額(集計期間:12月16日~翌年12月15日)が2年連続で100万円(税込)以上の方。

2.本会員の方が会員専用WEBサービス「MyJCB(マイジェーシービー)」に受信可能なEメールアドレスを登録していること(毎年1月31日まで)。

JCB ゴールド ザ・プレミア公式ページより

インビテーションは、登録されたメールアドレスにメールで来るため注意が必要です。

tayuyu
tayuyu

まずは、JCB GOLDから始めます。tayuyuが感じるJCB GOLDとGOLD THE PREMIERの主な違いは、プライオリティパス、JCB Lounge 京都、スターメンバーズのポイントUP率かな。

JCB GOLDについは、下記の記事でメリット・デメリット等を書いていますので、よろしければご覧ください。

年会費について

JCB GOLD THE PREMIERの年会費は、表5のようになります。

本会員年会費(税込)家族会員年会費(税込)
JCB GOLD THE PREMIER5,500円※
※年間(前々年12/16~前年12/15)100万円(税込)以上のショッピング利用で5,500円が0円
0円
JCB GOLD11,000円1人目:0円
2人目以降:1,100円(1枚あたり)
表5:年会費

JCB GOLD THE PREMIERは、厳密にはJCB GOLDのオプションサービスとなるため、JCB GOLD THE PREMIERの年会費である11,000円とJCB GOLDの年会費である5,500円を合わせた金額になります。ただし、GOLD THE PREMIERの年会費は、年間(前々年12/16~前年12/15)100万円(税込)以上のショッピング利用で0円となるため、実際には11,000円(税込)であることが多いです。なお、GOLD THE PREMIERの初年度の年会費は、GOLD THE PREMIERの招待条件が上記条件を満たしている無料となります。

tayuyu
tayuyu

公共料金等を支払いをまとめたりしていると意外と年間100万円は、クリアできると思うよ。

ポイントの還元率について

JCBは、Oki Dokiポイントという、毎月の利用金額1,000円(税込)毎に1ポイント貯まるポイントシステムです。

ポイントの利用方法は、さまざまありますが、私がよく利用するのはnanacoです。1Oki Dokiポイントをnanacoの5ポイントに交換することができます。nanacoは、公共料金や税金の支払いが可能なため、とても便利です。

図4:nanaco
tayuyu
tayuyu

自動車税や固定資産税の支払いに使っちゃおう!

また、JCBには、「JCBスターメンバーズ」というメンバーランクがあり、このランクによって、Oki Dokiポイントの上乗せがあります。ランクは、過去の集計期間(12月16日~翌年12月15日)の利用金額によって決定されます。JCB GOLD THE PREMIREの場合、表6のようになります。

集計期間中の利用金額(税込)ランク名称ポイントUP率
300万円以上ロイヤルα PLUS70%UP
100万円以上スターα PLUS60%UP
50万円以上スターβ PLUS30%UP
30万円以上スターe PLUS20%UP
表6:JCBスターメンバーズによるOki DokiポイントUP率(JCBザ・クラス/JCBゴールド ザ・プレミア/プラチナ)

その他、ポイント優待店でカードを利用すると、Oki Dokiポイントがお得に貯まります。例えば、スターバックはOki Dokiポイントがなんと10倍です。ただし、ショップによっては、ポイントアップ登録というキャンペーン登録みたいな登録を事前にする必要があります。

店名Oki Dokiポイントポイントアップ登録
スターバックス10倍必要
Amazon.co.jp2倍(2021年9月30日まで期間限定3倍)必要
セブンイレブン3倍不要
ドミノ・ピザ2倍必要
モスフードサービス2倍必要
ビックカメラ2倍必要
メルカリ2倍必要
洋服の青山5倍必要
AOKI5倍必要
表7:主なポイント優待店
tayuyu
tayuyu

高還元率カードに比べると少し還元率が低いかなという印象だけど、利用する店によっては高い還元率が得られるよ。

JCB THE CLASS

JCBのプロパーカードを利用していると、「JCB THE CLASS(ザ・クラス)」というJCBが発行する最上位のステータスと価値を持つクレジットカードのインビテーションが届く可能性があります。JCB GOLD THE PREMIERのインビテーションと異なり、インビテーションの条件は公開されていません。

JCB THE CLASSの年会費は、55,000円(税込)と高額ですが、必要な方にとっては金額に相応しい充実した内容となっています。

まとめ

今回は、私が使用しているクレジットカードの1つである「JCB GOLD THE PREMIER」をご紹介させていただきました。最後に、私にとってのJCB GOLD THE PREMIERを一言で表すとすれば、JCB GOLD THE PREMIERは、バランスのとれたコストパフォーマンスの高いクレジットカードです。

  • カードのステータス性
  • 旅行傷害保険・航空機遅延保険
  • ショッピングカード保険
  • さまざまなラウンジの利用料が無料
  • JCBオリジナルカレンダーが1部無料
  • 年会費が必要
  • ポイントが高い還元率のカードと比べると還元率が低い

おまけ

私が使用しているその他のクレジットカードについても記事を書いています。よろしければ、ご覧ください。

  • イオンカード(ミニオンズ)
  • リクルートカード

コメント

タイトルとURLをコピーしました