【N-BOX】スマートキーの電池を自分で交換する(備忘録)

備忘録

N-BOXのスマートキーの電池を自分で交換しましたので、備忘録として残しておきたいと思います。実際に交換しているところを写真に撮り、交換方法を説明していますので、「自分で交換してみよう」という方は、よろしければ参考にしてみてください。

はじめに

今回は、図1のHondaのN-BOXのスマートキーを交換します。

図1:交換するスマートキー

N-BOXの取扱説明書

私が使用しているN-BOXの取扱説明書には、下記のように記載されています。

1.Hマークを上にしてカバーを外す。カバーに傷が付かないように、コインに布などを巻いてカバーを取り外します。

2.+と-を間違えないよう、電池を交換する。

N-BOXの取扱説明書より

少しわかりにくい部分もあると思うので、以下で写真付きで説明していきます。

準備するもの

スマートキーの交換で準備するものは下記のとおりです。

  • 交換用のボタン電池(CR-1632
  • コイン
  • マイナスドライバー(あると交換がしやすいです。)
  • 薄い布

交換用のボタン電池(CR-1632)は、Amazon.co.jpで購入できます。100円均一などでも購入できます。

Amazon | Panasonic コイン形リチウム電池 CR-1632 (2個セット) | パナソニック(Panasonic) | 乾電池
Panasonic コイン形リチウム電池 CR-1632 (2個セット)が乾電池ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

今回、コインは、100円玉を用意しました。100円玉くらいがちょうどいいサイズかなと思います。マイナスドライバーは、図2のような刃幅と刃厚(先)が小さいものを使います。薄い布は、傷防止用です。

図2:マイナスドライバー、コイン、薄い布

スマートキー交換の手順

スマートキーの交換は、自己責任でお願いします。交換が不安な方は、Hondaの販売店で交換してもらいましょう。

図3のように、コインを凹み部分に入れます。傷防止のため、コインに薄い布を巻きましょう。コインを左右にぐいぐいするイメージで力を入れていきます。すると、カバーが少しずつ外れてくるのでカバーをゆっくりと外していきます。

カバーを取り外すときは、ゆっくりと外しまます。ボタン部分の部品が外れやすいので、カバーを外した後もゆっくりと、丁寧に作業していきましょう。

図3
tayuyu
tayuyu

tayuyuは、面倒なので薄い布を使わずにやってしまいました。布を使わないと若干傷がつくかなって感じです。

カバーを外すと図4のようになっています。

図4:カバー取り外し後

ボタン電池の交換をしていきます。図5のように、マイナスドライバーを使ってあげるとボタン電池が取り出しやすいです。

図5:ボタン電池交換

ボタン電池の+(プラス)が上になるようにボタン電池を取り付けます。ボタン電池の交換ができたら、カバーをしっかりとはめ込んで完了です。

tayuyu
tayuyu

交換後のボタン電池は、小さい子が飲み込まないようにしっかり片付けよう!

おわりに

今回は、N-BOXのスマートキーの電池がなくなってきたので、交換しました。作業時間は、5分程度でした。電池交換をディーラーに頼むと工賃が少しかかるのでちょっとだけ節約できました。

以前に、エアコンフィルターも自分で交換しています。よろしければ、ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました