パソコンはどれを買ったらいいの?パソコンの主な構成と選び方【初心者必見】

PC

今回は、「パソコンを新しく買う予定だけど何を買ったらいいかわからない。」、「パソコンについてちょっと勉強したい。」という方向けて、パソコンが主にどのようなもので構成されているか、そして、パソコンの選び方を書いていきたいと思います。

tayuyu
tayuyu

今回は、パソコンに詳しくない方向けに、解説していきます。パソコンに詳しい方向けではありませんので、ご了承ください。

パソコンの主な構成

パソコンは、主に次のようなもので構成されています。なんとなくのイメージだけでもいいので、知っておいてもらえるといいと思います。

マザーボード

マザーボード(motherboard)は、パソコンのさまざまな部品(CPU、メモリなど)を取り付けるための主となる電子回路基板のことです。

tayuyu
tayuyu

このマザーボードに、CPUやメインメモリなどを設置するんだよ。

CPU

CPUは、Central Processing Unitの略で、中央演算処理装置プロセッサ(processor)とも呼ばれます。CPUは、プログラムの命令に従って、数値演算、条件判定などの処理を行います。パソコンの「脳」によく例えられる場所です。

CPUの性能は、クロック周波数(GHz)、コア数、スレッド数、キャッシュというものを見ます。実は、CPUの性能をスコアとして出してくれているサイトがありますので、そちらのスコアを参照すれば、性能の良いCPUを調べることができます。

tayuyu
tayuyu

tayuyuも参考にさせてもらっているサイトです。英語のサイトだけど、わかると思います。

メインメモリ

実行中のプログラム等を保持しておくための記憶媒体です。実行中のプログラムを保持することが役割のため、画像や動画を保存しておくためのHDDやSSDと比較して、記憶容量は小さいですが、読み出し・書き込みの速度は速いという特徴を持ちます。

メインメモリ(main memory)は、主記憶または1次記憶と呼ばれることもあります。

HDD・SSD

画像や動画などのデータや実行していないプログラムを保存するための記憶媒体です。主にデータを保存しておく役割のため、メインメモリと比較して、記憶容量は大きいですが、読み出し・書き込みの速度は遅いという特徴を持ちます。

HDDやSSDは、2次記憶と呼ばれることもあります。

HDD(hard disk drive)大容量で安価であるが、読み出し・書き込み速度が遅い。
SSD(Solid State Drive)HDDに比べ、容量が小さく、高価であるが、読み出し・書き込み速度が速い。
表:HDDとSSDの特徴

グラフィックボード(GPU)

グラフィックボード(ビデオカード)は、主に映像の出力や入力のための拡張カード(電子回路基板)です。グラフィックボードには、GPU(Graphics Processing Unit)という画像処理用の演算装置などが搭載されています。高性能なグラフィックボードを使用することにより、描写性能を向上させることができます。

高度な描写性能を求めない場合は、マザーボードにGPUが搭載されている(オンボードグラフィック)ため、グラフィックボードは必ずしも必要ではありません。

CPUと同じくGPUの性能をスコアとして出してくれているサイトがあります。

パソコンの選び方

以下では、tayuyu式のパソコンの選び方を紹介します。

使用目的を決める

パソコンを購入するにあたって、一番大事なことは、何のためにパソコンを使用するかです。

例えば、インターネットで調べものをしたり、YouTubeを見たり、Word・Excel・PowerPointを使うといった用途であれば、高性能なパソコンは必要ありません。一方で、動画編集、変換、ゲームなど高性能な処理が求められるようなことがしたい場合はそれぞれの部品にお金をかける必要が出てきます。

車に例えるとこんな感じです。時速300km/hの速度が出るスーパーカーを大金をかけて購入したとします。しかし、普段から一般道路しか走らなければ、スーパーカーを買う意味はありません。勿体ないです。一方で、プロのレーサーとしてレースを行うなど、時速300km/hの速度を出さなければいけない、出したいという理由があれば、大金をかけても購入する必要はあるでしょう。

スーパーカーを例に出しましたが、パソコンも同じで、使用目的にあった性能のパソコンを買うことが重要だと思います。ただし、ここでは、高性能のパソコンを持っているという満足感という観点は除きます。

おすすめスペック

今回は、「パソコンに詳しくない方向け」という趣旨のため、主な用途は以下を想定します。

  • インターネットで調べものをする
  • YouTubeを見る
  • Word・Excel・PowerPointを使用する

おすすめ構成1

私の1番のおすすめは、CPUはインテルであればi5クラス、AMDであればRyzen5クラス、メインメモリは16G以上、ビデオカードが搭載されたものです。記憶媒体はSSD(またはSSD+HDD)にしてください。

せっかく新しいパソコンを購入するので、今であれば、これくらいのスペックがあるといいと思います。今後もしかしたら、ちょっとした動画編集するかもとか、今後の動画の画質の向上にも一応対応できるなど、少し余裕を持たせてます。

CPUは、アメリカのカリフォルニア州に本社があるインテルという会社と、こちらもアメリカのカリフォルニア州に本社があるアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)という会社でシェアを2分しています。

インテルの主な製品は、「intel core i7、intel core i5」といったように「i〇」のような製品名になっています。一方、AMDの主な製品は、「Ryzen7、Ryzen5」といったように「Ryzen〇」のような製品名になっています。

一般的に、〇の数字が大きいほど、性能が高いのですが、CPUには第〇世代という世代に分けられており、世代が新しいほど性能が高いです。そのため、世代が古いi7と世代が新しいi5を比較した場合、i5の方が性能が高い場合も十分にあります。同じ世代で比較するか、上記で紹介したCPUスコアを参考に性能を比較してみたください。

おすすめ構成2

上記のおすすめ構成1が予算オーバーの場合は、CPUはインテルであればi3クラス、AMDであればRyzen3クラス、メインメモリは8G、ビデオカードは非搭載(オンボードグラフィック)のものをおすすめします。記憶媒体はSSD(またはSSD+HDD)にしてください。なお、今から新しいパソコンを購入する場合、これ以下のスペックのものを買うのはおすすめしません。

tayuyu
tayuyu

これ以下のスペックが絶対ダメという訳ではないです。でも、これ以下のスペックは、後悔してもらいたくないので、おすすめしずらいです。

メーカー、デザインは好みのものでOKだと思います。

その他

画面(モニター)は、予算に余裕があれば、できるだけ解像度が高いものにした方がいいと思います。解像度が高いものを選ぶ理由は、より画面が綺麗に映るからです。

記憶媒体がHDDのみのものは避けましょう。先述のとおり、HDDは読み込み・書き込み速度が遅いです。近年のPCの部品において、HDDが体感速度におけるボトルネックになることが多いです。

SSDの容量は、用途と予算によりますが、512GB以上がおすすめです。画像・動画をたくさん保存したい場合は、増設できる場合は増設または外付けHDDなどで対応することも考えられます。このような方法が嫌な場合は大容量のSSDを購入しましょう。近年は、Googleドライブなどのオンラインストレージも利用できるので、場合によっては活用しましょう。

USBの数やCD/DVD/Blue-rayどの周辺機器・付属ソフト等の有無もしっかり確認しておきましょう

  • USBポートの数、USBのバージョン
  • HDMI・DisplayPort(映像用端子)の有無
  • その他必要な端子の有無
  • CD/DVD/Blue-ray(光学)ドライブの有無
  • 付属しているMicorosoft(Word・Excel・PowerPointなど)

どのメーカーを買えばいい?

「どのメーカーを買ったらいいの?」という質問に答えるのは難しいです。例えば、家電製品を考えます。「Panasonicと日立がどちらがいいの?」と言われても、製品、デザイン、ブランドの好みなどがあるので、どっちが良いとはいいずらいですよね。

Panasonicや日立の家電製品でもすぐに壊れてしまう場合もありますし、一方で、怪しい海外製品でも全く壊れない場合もあります。パソコンも家電製品と同じです。ただ、有名なメーカー程、壊れる可能性が低く、長く使用できる可能性が高いと感じています。

NECのパソコン(お得なクーポン)

Lenovoのパソコン(お得なクーポン)

tayuyu
tayuyu

tayuyuのイメージだけど、国内メーカー(NECなど)は、品質が比較的高く、付属ソフトが付いていることが多いから、その分割高になる印象。海外メーカー(Lenovoなど)は、品質は普通、付属ソフトが付いていないことが多いから割安な印象かな。

BTOパソコン

一般的なパソコンの購入方法は、家電量販店と思われますが、BTOパソコンメーカーでBTOパソコンを購入するのも1つの方法です。BTOは、Build To Orderの略で、受注生産を意味します。BTOパソコンの大きな特徴は、先述したパソコンの構成部品(パーツ)を自分で選んで注文することができることです。

パソコンの構成部品を自分で選べるので、自分仕様のオリジナルパソコンを作ることができます。一方で、構成部品がよくわからない方にとっては、構成部品をひとつひとつ選んでいかなければならないので、少し敷居が高い購入方法となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました