【Windows10】ローマ字入力とかな入力を切り替える方法

PC

Windows10において、ローマ字入力とかな入力を切り替える2つの方法をご紹介します。

1つ目の方法は、IMEオプションから変更する方法です。2つ目の方法は、Alt+カタカナひらがなローマ字キーで変更する方法です。(※設定が必要な場合があります。)

個人的には2つ目のAlt+カタカナひらがなローマ字キーで変更する方法がおすすめです。

方法1 IMEオプションから変更する

  1. タスクバーの「あ」または「A」を右クリックします。(図1)
  2. 「かな入力」にマウスカーソルを合わせます。
  3. ローマ字入力にしたい場合は「無効」、かな入力にしたい場合は「有効」をクリックします。(図2)
図1
図2

IME(アイ・エム・イー)とは、Input Method Editorの略で、キーボードからの入力をひらがな、カタカナ、漢字などの文字として画面上に表示するためのソフトウェアです。

Windows10では通常、Microsoft IME(MS-IME)がデフォルトとなります。MS-IME以外に有名なIMEとして、ATOK(ジャストシステム)やGoogle日本語入力(Google)などがあります。

方法2 Alt+カタカナひらがなローマ字キーで変更する

キーボードの「Alt」キーを押しながら「カタカナひらがなローマ字」キーを押すことで、ローマ字入力とかな入力を切り替えることができます。(図3)

図3

Alt+カタカナひらがなローマ字キーを押しても切り替わらない場合

Alt+カタカナひらがなローマ字キーを押しても切り替わらない場合は、以下のように設定をする必要があります。

  1. タスクバーの「あ」または「A」を右クリックします。(図1)
  2. 設定をクリックします。(図4)
  3. Microsoft IMEの設定画面が開くので、全般をクリックします。(図5)
  4. かな入力/ローマ字入力をAlt+カタカナひらがなローマ字キーで切り替えるを「オン」にします。(図6)
図4
図5
図6

おわりに

今回はWindows10におけるローマ字入力とかな入力を切り替える方法を2つご紹介しました。

私が実家に住んでいたころは、私がローマ字入力、父がかな入力でした。パソコンを共有で使用していたこともあり、頻繁にローマ字・かな入力の切り替えをしていました。Alt+カタカナひらがなローマ字キーでローマ字入力とかな入力を切り替えることができると知ってからは切り替えがとても楽になりました。私のように知らなかった方がもしいらっしゃったらと思い、記事にしてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました