【Excel】知っておきたい端数処理(切り捨て・切り上げ編)

PC

Excelでは、切り捨ての関数としてROUNDDOWN関数、切り上げの関数としてROUNDUP関数が有名だと思います。しかし、今回、注目していただきたいのが切り捨てを行う関数であるINT関数とTRUNC関数です。時間のない方は、「INT関数とTRUNC関数の違い」だけでも読んでいただけると幸いです。

tayuyu
tayuyu

最初は、関数の書式等だけだから、必要なければ読み飛ばしてね。

切り捨て

INT関数

INT関数は、指定された数値の小数部分を切り捨て、整数部分を求める関数です。

INT関数の書式

Int(数値)

数値必須切り捨てる数値を指定します。
表1:INT関数の引数

TRUNC関数

TRUNC関数は、指定された数値に対して、指定された桁数の1つ下の位を切り捨て、指定された桁数まで求める関数です。

TRUNC関数の書式

TRUNC(数値,[桁数])

数値必須切り捨てる数値を指定します。
桁数省略可能切り捨てを行った後の桁数を指定します。省略した場合は0となります。
例)1を指定した場合、小数第二位を切り捨てし、小数第一位まで求める
例)0を指定した場合、小数第一位を切り捨てし、一の位まで求める
例)-1を指定した場合、一の位を切り捨てし、十の位まで求める
表2:TRUNC関数の引数

ROUNDDOWN関数

ROUNDDOWN関数は、指定された数値に対して、指定された桁数の1つ下の位を切り捨て、指定された桁数まで求める関数です。

ROUNDDOWN関数の書式

ROUNDDOWN(数値,桁数)

数値必須切り捨てる数値を指定します。
桁数必須切り捨てを行った後の桁数を指定します。
例)1を指定した場合、小数第二位を切り捨てし、小数第一位まで求める
例)0を指定した場合、小数第一位を切り捨てし、一の位まで求める
例)-1を指定した場合、一の位を切り捨てし、十の位まで求める
表3:ROUNDDOWN関数の引数
tayuyu
tayuyu

切り捨てに関する関数として、少し種類は違うけど、CEILING関数、FLOOR関数というのもあるよ。

INT関数とTRUNC関数の違い

INT関数、TRUNC関数は、切り捨てをする関数ということはわかったと思います。それでは、この2つの関数の違いについて説明していきますが、違いを分かりやすくするために1つの問題を用意しました。

問題 「-3.5」という数字について、小数部分を切り捨てしてください。

さて、答えはどうなるでしょうか。これは、切り捨てという丸め(端数処理)をどのように考えるかによって変わってきます。

正の数・負の数(符号)は無視して、その数値の絶対値について切り捨てを行い、再度符号を付ける場合、すなわち、切り捨ては、0に近づけるという丸め(0への丸め(rounding toward zero))であると考えると、「-3」となります。この考え方がTRUNC関数です。

TRUNC(-3.5) = -3となります。

一方、切り捨ては、小さい数に近づける丸めである(負の無限大への丸め(rounding toward minus infinity))と考えると、「-4」となります。この考え方がINT関数です。

INT(-3.5)= -4となります。

まとめると、切り捨ては、0に近づけるという丸め(0への丸め)とした場合がTRUNC関数、小さい数に近づける丸めである(負の無限大への丸め)とした場合がINT関数になります。

TRUNC関数とROUNDDOWN関数の違い

TRUNC関数とROUNDDOWN関数の違いは、第2引数である「桁数」が省略可能か必須であるかの違いのみです。ちなみに、先ほどの問題の場合、次のようになります。

TRUNC(-3.5) = ROUNDDOWN(-3.5,0) = -3

切り上げ

ROUNDUP関数

ROUNDUP関数は、指定された数値に対して、指定された桁数の1つ下の位を切り上げ、指定された桁数まで求める関数です。

ROUNDUP関数の書式

ROUNDUP(数値,桁数)

数値必須切り上げる数値を指定します。
桁数必須切り上げを行った後の桁数を指定します。
例)1を指定した場合、小数第二位を切り上げし、小数第一位まで求める
例)0を指定した場合、小数第一位を切り上げし、一の位まで求める
例)-1を指定した場合、一の位を切り上げし、十の位まで求める
表4:ROUNDUP関数の引数
tayuyu
tayuyu

切り上げに関する関数として、少し種類は違うけど、EVEN関数、ODD関数というのもあるよ。

おわりに

今回は、切り捨て・切り上げについて説明しました。Excelの関数を例にして、説明しましたが、Officeでいえば、Accessなどいろいろな場面で役に立つ内容だと思ったので、今回、端数処理について書くことにしました。

知っておきたい端数処理の四捨五入・五捨五超入・偶数への丸め編はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました